×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

膝に水がたまる原因

スポンサードリンク

あるあさ、目が覚めると右に違和感がありました。 なんだか腫れているような、すこしボテッとした感じになっていたんです。 曲げ伸ばしがすこししにくいような、しかも裏が少し痛むような感覚もあったんです。 その日は仕事もあったし、ほっといたらそのうち治るでしょ。とたかをくくっていたんですが、 がたまったままだったので、不安になって医者に診せたんです。そのときの 体験談をご紹介していこうと思います。

膝に水がたまる原因は3つ

がたまる原因は大きく3つに分類できるんだそうです。
まず1つが、関節のクッションの役割をしている軟骨に きづが付いてしまっている場合。これは変形性関節症という 病気や、怪我による外傷が原因だったり、スポーツのやりすぎなどで がたまるようです。
2つめが関節内で炎症が起きている場合です。慢性的な関節リウマチや 痛風などの細菌が感染して炎症が起きていても、がたまるようです。
3つめが、の骨か関節のどこかに傷が付いてしまって、さらに 内出血してしまっている場合です。骨折や靭帯を切ってしまったときなど 大きな外傷によってがたまるようです。

膝の水を注射で抜く治療法

さて、このがたまっている状態を治療してもらうために に注射をうって、を抜くんですが、を抜いたらまた、がたまってしまうんじゃないんですか? と素朴な疑問を医者に投げかけてみたんです(本当は注射が嫌だったんですが)。 そうしたところ、上に書いたがたまる原因に書いた3つの原因から1つに特定するために、 治療のためにをぬくんですよ、という解答が帰ってきました。
抜き出した液体を見て、治療方法を変えるようです。
私の場合は、1の関節のクッションの役割をしている軟骨に きづが付いてしまっている場合だったようで、先日思いっきり座卓の角に を打ち付けてしまったことが原因だったようです。 がたまってしまったら、早めの治療を心がけるようにして、 最寄のお医者さんに見てもらうようにしてくださいね。

スポンサードリンク

膝に水がたまる

がたまる。この状態で放って置くと、はれぼったい感じがして 自体の動きが悪くなってしまうので、早めの治療を心がけてくださいね。