×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腎臓病食事療法

スポンサードリンク

腎臓病食事療法のポイントは、まずは腎臓の働きを簡単にでもいいので、知ることが大切です。 そのうえで、腎臓が弱っているので、腎臓を過度に働かせないような栄養摂取をこころがけるようにする。 これが、腎臓病食事療法の基本です。当サイト腎臓病食事療法情報局では、腎臓の働きと、 どのような食事療法をしていくべきかを書いていくので、ぜひしかっりと実践してくださいね。

腎臓病とは

腎臓病とは、腎臓の病気です。腎臓はからだの中に2つある重要な臓器で、うすい皮膜と分厚い 脂肪によって普段は保護されています。しかしひとたび病気にかかってしまうと、回復は困難で、 重度の肝臓病になってしまうと、人工透析などの医療の力に頼らなければ、 体の機能が維持できなくなってしまうほど、肝臓は重要な臓器です
腎臓は体の中の掃除機のような役割をしています。体中をめぐってきた血液を 腎臓によって濾過し、余分な栄養や水分や老廃物と、必要な栄養と水分だけを血液中に 取り込ませて、再び体中をめぐらせる働きを持っています。 この濾過を極力させなくてもすむようにすることが、腎臓への負担を減らすことにつながり 腎臓病食事療法の基本になります。

腎臓病食事療法

腎臓病食事療法で気をつけるポイントについてご紹介して行きます。
腎臓病食事療法でまず気をつけてほしいのが、塩分摂取量です。 これは腎臓病といっても、制限しなくても良い人もいるようなので一概には言えないのですが、 1日5グラム程度に制限する必要があります。
腎臓病食事療法で最も大切なのが、たんぱく質の制限です。 蛋白質の摂取は、多くなると腎臓に大きな負担をかけてしまう成分です。 体にとってはエネルギーの元になる栄養素なのですが、こと腎臓については 負担になるので注意してください。そのため、必要最低限の たんぱく質を摂取するようにしてください。
腎臓病食事療法で、たんぱく質の制限とかたを並べるほど大切なのが、 カロリー計算です。上に書いたのですが、腎臓病食事療法では エネルギーの元になるたんぱく質を制限するといいましたが、 全体でのカロリーはしっかりととるようにします。主に糖と脂肪質で カロリーを腎臓病食事療法では摂取することになります。

スポンサードリンク

腎臓病食事療法情報局

腎臓病食事療法について知ることも大切ですが、 地蔵の病気は早期発見と早期治療がもっとも大切です。
最寄の医療機関で、定期的に検診を受けるように心がけてください。