×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腎臓がんの症状について

スポンサードリンク

腎臓がん症状は、血尿や、腹部の腫瘤があげられます。
腎臓がんは、初期症状の体への影響が弱く、ほとんど自覚症状が現れませんが、 自覚症状としては、食欲不振や慢性的な微熱、 貧血、体重減少として表に出てくる場合があります。 気付いたときには、すでに進行している場合があります。 血尿や、背中やわき腹に痛みが走ったりする場合もあります。
腎臓がんによって、体重が大幅に減少したり、食欲がなくなったりすることもあり、 腎臓がん症状が出ている人は、やせ細っていくようです。ひとによって 腎臓がん症状はさまざまで、発熱をもよおすこともあります。
腎臓がん症状が進行してしまって、腫瘍が大きくなってくると、 リンパ節や肺、骨などの他の臓器に広く転移してしまうことが多いので、 初期症状のうちに見つけることが、腎臓がんを治療する最大のポイントとなってきます

腎臓がんの症状と検査

腎臓がん症状を検査するために行われるのは、主に、腹部エコー検査(超音波検査)や CT検査(断層撮影検査)、MRI(磁気共鳴映像法)です。 腎臓がん症状は転移する場合が多いので、そのほか、転移先の検査も別途行われます。

腎臓がんの原因

医学的に腎臓がんの原因はしっかりとかいめいされていないのですが、40〜50代の おとなが発症しやすく、女性よりも男性の方がなりやすいという統計がでています。さらに たばこや肥満、金属加工業に携わるひと、家系的な遺伝によって腎臓がんになりやすいという 研究もなされています。

スポンサードリンク

腎臓がん症状はうすい

腎臓がん症状は、初期の段階ではとてもうすく、自覚症状の薄いことが特徴です。 さらに腎臓がん症状は、進行するにつれ、全身に転移する確率が高いので、 早期発見、初期治療がポイントになってきます。そのため、定期的な検査が必須となってきます。
腎臓がんは、遺伝的にかかりやすい家計が存在します。がん保険などに加入する時には、 このあたりも考慮するようにしてみてください。