×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぎっくり腰の治療法

スポンサードリンク

ぎっくり腰治療法についてご紹介して行きます。ぎっくり腰になってしまったら、 まずは絶対安静です。無理に動こうとしたりしては悪化してしまいます。 そして、患部を冷やすようにしてください。 ぎっくり腰は腰が炎症を起こすことで、発生するので、冷やすことで、腫れや痛みが 和らいでくるので患部を冷やす治療法が効果的です。 腫れや、痛みが引いてきたら、今度は冷やすのを辞めてください。 冷やし続けてしまうと、今度は血行不良になってしまうので ぎっくり腰の回復が遅くなってしまって、最悪の場合さらに悪化してしまう恐れがあります。
冷やす治療法で、腫れや痛みがおさまったらすぐさま専門の病院に治療してもらうことを おススメします。 一度ぎっくり腰になってしまうと、ぎっくり腰になりやすい癖が付いてしまうので、 くしゃみをした反動でもぎっくり腰になってしまう可能性も出てきます。 治療法で、安易にぎっくり腰が治療できたと油断してしまうと さらにぎっくり腰を悪化させてしまうことになりかねないので、十分注意してくださいね。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因は、様々あって人それぞれ原因が違うようなので、 代表的なぎっくり腰の原因をご紹介していこうと思います。
まず一番有名なのが、重いものを持ち上げたりした時に、腰に 強い負担がかかったときになる場合です。これは、比較的若年層に起こりやすい ぎっくり腰の原因なので注意してみてください。
腰周りの筋肉が疲労していて硬くなっているところに、急に 力がかかってしまった場合になるぎっくり腰です。 一つ目の理由よりも弱い負荷が腰にかかってもなるため、 くしゃみ一つでもぎっくり腰になってしまう可能性があります。
最後に、骨の老化によって起こるものです。こればかりは 廊下とともにやってくるので、避けようがないのかもしれませんが、 適切な治療法をおこなうことが大切になってきます。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は、腰まわりにある、背骨を支えている筋を痛めた状態です。 激痛ですぐその場で動けなくなる場合と、 その時は何ともなくても、時間たってから痛くなってきて動けなくなる場合があるので、 しっかりと適切な治療法をしてください。

スポンサードリンク

ぎっくり腰治療法

ぎっくり腰治療法をしっかりとはあくして、正しい治療法ぎっくり腰を早く治療出来るようにしておきましょう。