×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊婦体操について

スポンサードリンク

妊婦体操は、実は自宅でも簡単に出来るんです。妊婦体操は、母子ともに健康な出産を 助ける目的で、おおくの妊娠しているお母さん方が実践しておられます。 あなたもぜひ妊娠体操を実践してみてくださいね。

妊婦体操の効果

妊婦体操をすることで、次のような効果を実感することが出来ると思います。 お産にむけて体力づくりをすることが出来ます。妊婦さんというのは お腹が大きくなってしまって動きづらいので、ついつい運動不足になってしまい、 いざ出産という時になって、体力が必要な時に頑張ることができなくなってしまい、 難産という事態になるのを防いでくれる効果が期待できます。
妊婦体操をすることで、腹筋や関節、腰周りも強化する効果があるので、妊婦さん特有の腰痛などの 症状を和らげる効果が期待できます。
妊婦体操をすることで、体を動かせるので、母体が心身ともに リフレッシュすることができます。

妊婦体操

シムス妊婦体操:胸から上をうつぶせの姿勢にして、胸から下は 横向きにします。足の間にクッションを挟み、膝を楽な姿勢に曲げて、 体の力を完全に抜きます。これはリラックスするための妊婦体操として有名です。 骨盤妊婦体操:仰向けに寝ます。両膝をくっつけて立てて、そのまま左右に倒して 骨盤に刺激を与えます。
背骨妊婦体操:猫のように4本足ではいはいの姿勢になって、息をすいながら 背中を丸めて、息を吐きながら背中をそらせます。
腹筋妊婦体操:仰向けに寝て両膝をたてます。片足ずつ上下にして、腹筋に 刺激を与えます。

スポンサードリンク

妊婦体操をする前に注意してほしいこと

妊婦体操をする前に、絶対に注意してほしいのは、 早産の危険性があると産婦人科の先生に言われた場合は、 事前に妊婦体操をしていいかどうか主治医の先生に聞いて指示を仰ぐようにしてください。
妊娠12週ぐらいから始めるのが適切といわれているので、それ以前にはしないようにしてください。
妊婦体操をし始めて、痛みや出欠などがあった場合は、すぐに妊婦体操を中止して、医師の 指示を仰ぐようにしてください。
妊婦体操をする前に、衣類を緩めておいてください。