×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊婦腰痛対処法

スポンサードリンク

妊娠中の妊婦さんの多くが経験するのが腰痛です。 妊婦さんの腰痛というのは多くの場合、 お腹の赤短の重みが負担になって起こってきます。 しかしまだお腹が大きくなる以前から腰痛に悩まされる妊婦さんや、 出産後でも腰痛に悩まされる場合もあります。
そのため、必ずしも赤ちゃんの重みが原因というわけではなく、 ホルモンバランスがいつもと違っていたり、 出産するために骨盤が移動したせいで、腰の辺りの骨の配置とバランスが崩れた結果、 多くの妊婦さんを腰痛で悩ませる結果になってしまうのです。

妊婦腰痛の原因

妊婦さんの腰痛の原因についてご紹介して行きます。妊婦さんの腰痛の原因には うえで少し触れたように、2種類のパターンに分けることができます。
まず第一に、重みで腰痛になる原因です。おなかの赤ちゃんがドンドン成長してくると お腹が重くなってきますよね。そこで、妊婦の体は、自然とバランスを取れるようにと 背骨がどんどん曲がってくるんです。それによって、椎間板という部分に いつもの何倍もの負荷がかかってしまって、椎間板周辺の神経を刺激してしまって、 腰痛になるのです。
もう一つのパターンは、妊婦さんが赤ちゃんを出産しようとするためには、いつもしまっている 骨盤を広げなくてはなりません。そのために分泌されるホルモンのおかげで、 骨盤周辺の骨と筋肉のパワーバランスが崩れて、負荷が腰にかかってしまって 腰痛になるパターンです。このパターンは、ホルモンが分泌されてさえいれば腰痛になるので、 お腹がおおきくなった妊婦さん以外でも腰痛になる原因になるんです。
出産後もしばらく妊婦さんが腰痛になるのは、このホルモンが分泌されていたままだったり、 ホルモンは分泌されなくなっていても、腰痛の原因のパワーバランスが元に戻るまでは、 腰痛が起こってしまっている状況です。これは、産後1ヶ月もあれば、 腰痛も解消されます。

妊婦腰痛対処法

妊婦腰痛対処法としては、以下のような方法があります。 正しい姿勢を心がけるようにして、腰周りに効果的な体操やマタニティヨガをするようにする。 眠る時には、足を少し高くして仰向けに眠ったり、足の間にクッションを挟むなどして横向きに眠ったり 、とにかく腰に負担がかからないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

妊婦腰痛

わたしのお世話になっていた産婦人科では、腰痛の他にも、妊婦特有の症状に対処できるような マタニティーヨガ教室が、希望者には受講できるようなシステムになっていました。
産婦人科を選ぶときは、このようなサービスが受けられるようなところを選ぶようにすると、 妊婦特有の腰痛を楽に乗り切ることが出来ると思います。