×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイスバラカン

スポンサードリンク

ルイスバラカンはとても有名なメキシコ人の建築家です。 1902年3月9日 - 1988年11月22日。 ルイスバラカンの建築物の特徴は水と光を巧みに使って、 明るい壁や庭をメインに設計した建築家としてとても有名です。 さらに建築家意外にも、住宅開発や都市計画にも携わっており、 家を建てるだけではなく、町の未来を見据えた開発にも従事した 建築業界では、すばらしい才能の持ち主でした。

ルイスバラカン建築物の特徴

ルイスバラカンの建築物の特徴は、水と光をうまくとりいれた 外観や庭園が印象的です。 メキシコ人の建設かということもあってか、メキシコ独自の カラーセンスが光る建築物も特徴的です。 ピンクや黄色などの明るいパステルカラーと 紫や赤などのエキゾチックなカラーとを 絶妙なバランスで組み合わせる 色彩感覚は、日本人の私達から見ると とてもモダンで印象的な外観です。 そのため いまもなおルイスバラカンの人気は衰えることを知らず、 全国各地で、ルイスバラカン展などの催し物が 頻繁に開かれています。 また、ルイスバラカンは自分自身で建築設計図面を 描かなかったことでもしられています。 ルイスバラカン自信は、イメージによるスケッチでのみ デザインを手がけて、図面に起こすのは、 設計事務所のアシスタントということでした。

ルイスバラカンの代表作品

ルイスバラカンはこの世に沢山の作品を残してきました。 当サイトではその一部をご紹介していきたいと思います。 1957年、ルイスバラカンは メキシコの北部郊外の都市ナウカルパンに、 高速道路の中央分離帯としてサテライト・タワーを建設しました。 このサテライトタワーは現在もなお色あせることなくたち続けています。 青赤黄色白の四色で構成されていて、見る角度によって 全然違った印象を与えてくれる、とても建築物的に 価値のある塔です。
1975年にルイスバラカンは、 最後の作品となる住宅ヒラルディ邸を建築しました。 室内にプールを設けたり、青や赤などの色鮮やかな壁を設けるなどして、 光と水をたくみに使った、ルイスバラカンの建築技術を 余すことなく詰め込んだ建築物です。

スポンサードリンク

ルイスバラカン

メキシコ生まれの建築家です。 ルイスバラカンの建築物は、メキシコ特有の カラフルでエキゾチックなカラーと、 水と光とを巧みに使った外観と内装、庭園が とても特徴的な建築家です。