×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

精神病の種類・三大精神病

スポンサードリンク

精神病種類と症状について簡単にご説明していきたいと思います。 精神病は、精神という名前が付いているために、心の病気かと思われがちなのですが、 実際は、脳の働きに何らかの障害が出てしまうために起こってしまう秒であることがわかっています。 そのため、精神病は精神科医よりも、脳外科の分野でもあるということができます。 精神病には沢山の種類にに分けることができます。 精神病種類で最も有名なのは「双極性障害」、「統合失調症」、「てんかん」の3種類で、 三大精神病としても有名です。 双極性障害という精神病種類は、一般的には躁うつ病や、うつ病として、 世間一般では呼ばれています。

精神病の種類・三大精神病以外のもの

精神病種類として、三大精神病以外にも、以下のような種類があります。
○パニック障害:人前に出たり、多くの人に囲まれると、急に心拍数が上がったり、 とても息苦しく感じたりする精神病種類です。実際には、そんなことはないのですが、 脳の障害により、本人だけがそう感じてしまいます。この精神病種類を 経験してしまって、以後また息苦しくなってしまうのではないかという恐怖のため、 人前に出られなくなってしまうケースが多いです。
○睡眠障害:名前のとおり、睡眠に障害が出てしまう精神病種類です。主にストレスによって 発生されるとされていますが、睡眠が極端に浅かったり、すぐに目が覚めてしまったりします。
○拒食症:食物を食べたくないと思ってしまう精神病種類です。この精神病は女性の発症例が多い のが特徴です。それでも空腹感に負けて食べてしまうと、吐いたり、自ら下剤を飲んだりして 体外に出そうとしたりしてしまいます。
○過食症:拒食症とは全くの反対の精神病種類で、食べ物を食べずに入られないという症状です。 ストレスを食べるという行動で紛らわそうとするのが、一般的な症状です
○解離性同一性障害:俗に言う多重人格です。過去になにか受け入れがたい 強いトラウマを抱え込むことが原因でおこるとされている精神病種類です。
○アルコール依存症:アルコールを摂取しないと禁断症状が出てしまう精神病種類です。 日本人の約5%がこの精神病にかかってしまっているというぐらい、 多くの人を悩ませている精神病種類です。

精神病の種類・非定型精神病

精神病種類には、3大精神病や、そのほかの様々な精神病種類の他にも、 非定型精神病(ひていけいせいしんびょう)という種類があります。この非定型というのは 典型的ではないという意味で、どれか一つの精神病種類だけ発症しているのではなく、 複数の精神病種類が同時に起こっている場合に診断されます。そのため、人によって 精神病種類の組み合わせはさまざまで、症状も複雑多岐にわたっている場合がほとんどです。

スポンサードリンク

精神病の原因と治療

様々な種類のある精神病ですが、その原因はおおきく3つに分けられます。 遺伝(内因性)・ストレス(心因性)・怪我(外因性)のどれかによって精神病になってしまうと されています。精神病種類や原因によって、対処法が違ってきますので、 ぜひお近くの医師に相談してみてください。