×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛ストレッチ

スポンサードリンク

当サイトでは、腰痛ストレッチについてご紹介して行きます。 腰痛ストレッチが、どうして腰痛の症状を改善したり 腰痛を予防することが出来るのかということについて少し ご説明していこうと思います。
腰痛は文字通り腰が痛くなるのですが、この腰が痛いときに ストレッチなんかして症状が悪化したりしないのだろうか? ということがまず疑問点に上がってくると思うのですが、 腰痛の原因はそのほとんどが、体を動かさなくなってしまって、 体が硬くなったり、腰の関節の周りの筋肉やスジが硬くなったりして 起こってしまう症状です。そのため、凝り固まる前に、 腰周りの関節や筋肉、スジを揉み解して腰痛の症状に 対処しようというのが、腰痛ストレッチの目的です。

腰痛ストレッチについて注意してほしいこと

腰痛ストレッチをする前に、まずは注意してほしいことがあります。 腰痛ストレッチは、腰周りの関節や筋肉、スジをやわらかく揉み解すことで、 腰痛の症状に対処するといったストレッチ方法です。
なので、腰痛の症状で医者にかかって、一時的に腰痛がよくなっても ストレッチは少しでもいいので、続けることが大切です。
腰痛の酷いときも、日のよってはありますが、 熱や腫れを起こしていない場合は、極力ストレッチをするようにしてください。 腰を動かさないことで、筋肉やスジを凝り固まらせているので、 体をかばうことで、動きが少なくなり、ますます腰痛を悪化させて 慢性的な症状に繋がってしまう場合があります。
ぎっくり腰の場合は別です。これは急性的な腰痛で、絶対安静が基本です。 ぎっくり腰の症状が和らいだら、腰痛ストレッチを様子を見ながら試してください。

腰痛ストレッチ

簡単に出来る腰痛ストレッチについてご紹介して行きます。
○仰向けに寝転がり両膝を立てます。両腕でバランスを保ちながら、両膝を左右に倒していきます。 腰が突っ張るような感覚が、腰痛ストレッチに効果的です。
○仰向けに寝転がり、両膝を抱え込みます。ヨガで言う赤ちゃんのポーズです。 両膝を抱えたまま胸の辺りまでもって行き、背中側の腰をストレッチする腰痛ストレッチです。
文字で説明すると少し分かりにくいかもしれませんが、簡単に出来る腰痛ストレッチ方法なので、 是非試してみてくださいね。
腰痛ストレッチの方法について書かれた関連書籍もあるので、 是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

腰痛予防チェック

腰痛予防チェックです。当てはまるものがないか見てみてくださいね。
・重いものを良く持つ。 ・たったりしゃがんだりが多い。 ・同じ姿勢で長時間いることがある。  ・運動するのが億劫だ。 ・よく体が冷える場所にいる。 ・最近太った。
多く当てはまると、腰痛を引き起こす可能性が多くなります。腰痛ストレッチ腰痛を撃退しましょう。