×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

売れるチラシの作り方

スポンサードリンク

売れるチラシ作り方についてご紹介して行きます。チラシは広告ですので、無料で 作ることはできませんし、無料で配布することもまたできません。広告費を消費して チラシをつくり、配るのですから、しっかりとした実績やパフォーマンスが必要になってきます。 チラシの広告費が収入を上回ってしまっては赤字で、採算が取れなくなりますし、いかにして チラシの広告費を低く抑えつつ、収入を増やしていくのかについて、ご紹介しています。

チラシの作り方にまつわる決まりごと

チラシ作り方には、ある一定の決まりがあることをご存知でしょうか? この決まりを守らずに、チラシを作っても、配ることができません。 もし配ってしまっても効果を得るどころか、苦情や、クレームなどが 沢山寄せられてしまう結果になってしまうので、チラシ作り方には 十分注意してください。<br> ○チラシに責任の所在と内容をしっかりと書く。 これはチラシの宣伝元になっているお店の住所や連絡先を しっかり表示すようにしなくてはならないということです。
チラシにうそや、誤解を招く表現をしない。これも 誇大広告や、分かりにくい表現は極力避けるようにしてください。 自分の会社を良く見せようとするあまり、この決まりを犯してしまう場合が よくあるので、特に注意してくださいね。
○公序良俗を遵守する。これはチラシ作る時に暴力表現や、性表現を極力避けるようにする というきまりです。
○プライバシーの問題に注意する。さらに名誉毀損や他の会社に対する 業務妨害などもチラシ作る時にはしないように注意してください。

チラシの作り方の過程

チラシ作り方を順を追ってみていきましょう。 まずはチラシ作るサイズを決めます。 大きければそれだけ広告費がかかるので、予算に応じて決めてください。 もちろんそれだけ大きければインパクトがあるので、効果も大きくなります。
チラシ印刷について、白黒なのか、カラーなのか、印刷用紙はどのようなものにするのかを 決めます。普段ポストに入ってくる新聞を見ても、チラシといってもさまざまな種類があります。 チラシ広告を出すジャンルによっても、適切なものがあると思うので、 良く考えるようにしてみてください。
チラシ広告をどのくらい配るのかについて考えます。チラシの量や配布地域、 どの日のどの時間帯に配るのかを決めます。 お店のある地域によって、安売りセールの曜日が違ってきたり、 競合他社の状況もかんがみながら決めていくとチラシ広告の効果が 高くなりやすいです。

スポンサードリンク

チラシの作り方をプロに任せてみる

チラシ広告の作り方をプロに相談してみたり 委託してみるという手もあります。特に初めてチラシ作り方に挑戦するなら 一度、プロの目で診断してもらうことをおススメします。